講師プロフィール

 

 

姿勢美スタイリスト ミノウラ エツコ 1967年生

 

36歳で 体幹を鍛えて姿勢改善し、つらい頭痛が治り、40代からどんどん体型が変わり、46歳でヨガを始めて気持ちや生き方まで楽に。

 

日本コンディショニング協会(NCA) インストラクター

松下ヨガ学院認定指導員

玄米酵素 上級食アドバイザー

 コランセラピストスクール/バンコク タイ式基礎コース終了

 

 

生き方はシンプルな方が幸せ。プラスするより余計なものを取っていく。身についたクセを改善し、余計なものをとりはずす。

 

迷いや不足感がある場合は、自分の内側をじっくり観察してみる。本当に自分に必要なものを知り、シンプルに生きる。時間、心、体にスペース(余裕)ができ、自分らしく生きられる。

 

そんな生き方のサポートをしています。

 

 

 

片頭痛改善

24、5歳から吐き気を伴う片頭痛や腰痛、風邪をひきやすく常に疲労を感じるなど、体調不良がひどくなり、休診日に診てもらったことも。病院で脳の検査を受けたり、漢方薬や鍼灸に通ったりしても改善しなかった。

 

頭痛がひどく、外出が苦痛になり、仕事ができなくなっていた36歳の時(2003年)、主人の転勤先、沖縄で空手の先生に出会った。「姿勢のせいですよ」と指摘された。何をしてもだめだったひどい片頭痛が半年で改善。姿勢と体の使い方次第で、体調が変わることに気づく。「あ~、この空手の先生は前世、私のお医者さんだったにちがいない」と思うほどありがたかった。2年半続けた空手で、心も体も強くなった。

 

 


不安になるほどウエストサイズダウン

名古屋に戻り、空手教室を探したものの、沖縄の先生のような教室がなく、「体の軸」を作る「コアバランストレーニング」を学ぶ。

 

2年ほど続けたころ、頭痛は年に数回だけ、ウエストはどんどん細くなった。もっているパンツもスカートもすべてウエストがユルユルになり、「もしかして病気?」と思い、人間ドックを受けたほど。

 

この経験を職場で話したところ、同じような症状に悩む方たち3人と教室を始めた。また片頭痛が始まってしまうかもしれないと不安で、いつまでこの教室が続くかもわからなかった。

 

教室を続けていると、自分の体調も安定し、参加している人も少しずつ体調が改善していく様子をみて、ますます体調改善運動を深めたいと思い、アスリートも取り入れているコンディショニングを学んだ。


運動なら何でも体にいい、という誤解

姿勢は足から
姿勢は足から フットコンディショニング

コンディショニングで筋肉のことをたくさん学んだ。以前は運動ならなんでも体にいいと思っていた。「筋肉の状態を良くして、インナーマッスルを鍛える」なんてという知識がなく、スポーツジムへ行っては、余計にコリを作って体を壊していた。

 

「どうして走ったり、腹筋したりで筋肉を鍛えているのに、頭が痛くなったり、ぎっくり腰になったりするんだろう?」と思っていた。

 

今でも、教室に初参加される方で、「毎日歩いているのに、膝が痛くなるんです。」という方に会うと、早く会えてよかったと思う。

 

以前は、仕事で何時間もパソコンを使い、趣味の洋服作り、何時間も座って英語の勉強をした後に、筋トレをするという、今考えると、頭痛は自分で作っていたと気づく。

 

2009年 教室名を「コアレッスン」と決める。


セルフケア指導を使命と感じる

タージマハールにて
2013年3月 タージマハールにて

教室を続けて5年目に入った2012年、ヨガを始めた。主人だけでなく、他の家族も病気が見つかり、内臓摘出手術が決まったとき、手術しないで改善する方法があるはずなのに、知識がないために説得できなかったのが残念だった。私自身も過去に不要な不妊検査の腹腔鏡手術をしたことをずっと後悔していた。

 

姿勢だけでは改善できない内臓へのアプローチがヨガではできると知り、レッスンに取り入れようと思った。

 

ヨガ養成講座の中に、「ラジャヨガ」という心を学ぶ授業がある。生き方にずっと迷いがあり、脱線したまま走り続けているような感じだった私は、「これが学びたかった」と思った。

 

ヨガレッスンは好きなだけ受講できた。朝は7時15分から夜は21時15分まで。一日に5レッスン受けることもあった。やればやるほど元気が出たのが不思議だった。ヨガを始めて感覚が鋭くなった気がする。

 

ヨガを始めて2ヵ月ほどたったとき、26年会っていなかった父と再会した。すぐに他界してしまったが、最後に会えたことが本当にうれしかった。父が残したものを見ていると、忘れていた言葉を思い出した。「病院や薬に頼ってはいけない。」「体を切るようなこと(手術)は避けなさい。」「健康が一番のプレゼント」。

 

父と私は同じことを勉強していた。離れていてもDNAはつながっていた。セルフケアの指導が私の使命と感じるようになった。


潰瘍性大腸炎を治す

便秘と下痢を繰り返す病気。主人は、突然の腹痛に襲われ一日十数回トイレにかけこむ。ひどい時には、寝がえりを打つだけで、夜中に腹痛で目が覚めトイレにかけこむ。下血もあり、トイレはいつも血の匂い。貧血がひどく体はいつもだるい。力が入らずノロノロとしか歩けなかった。

 

潰瘍性大腸炎は、原因不明の病気で完治はしないと言われている。病院に行っても、症状を抑える薬が出るだけ。ステロイドを長く飲み、ムーンフェイスになった。

 

治らないんだから薬を飲むしか仕方がない、と思っていたが、どんどん薬が増えていき、デパートの大きな袋ぐらいのものを2つもって帰ってきたときに、これではだめ!と思った。子供がほしかったこともあり、薬をやめて、食改善に取り組み始めた。

 

症状はずいぶんおさまったが、完全にはなくならない。14年たったとき、とうとう大腸を全摘出するように言われた。小腸と肛門をつなぐと言われた。

 

ちょうど転勤と重なり、病院へは行かず、食改善とヨガ、呼吸法に必死で取り組んだ。腸を改善するための食事指導を受けた。4ヵ月でほぼ症状はなくなり、その後の血液検査も炎症値は正常、他の数値も健康な人よりも良い状態。

 

体は軽く、トイレにかけこむということもなく、一緒に歩くときは、私より前を歩いてくれるようになった。体も気持ちも若がえり、人が変わったようだ。腸は食と心の影響が大きいと感じる。

 

主人のおかげで、私も体調がとてもよく、肌も髪も若返った。病気になってからの食改善は時間もお金もかかる。病気になる前に「食」の大切さを伝えたい。

 

食が変わると、心も体も運気も変わる。コアレッスンでは食の話もする。「姿勢美講座」では、個別で食改善のアドバイスもしている。


セルフケアが当たり前

慢性的な不調は、生活習慣や癖からきていることが多いのです。それは姿勢に現れてきます。

 

立ち方、呼吸の仕方、食べ方、歩き方のクセを見直し、足指や足裏に現れる体の不調を感じ、筋肉の固さに現れる体や心の不調を感じられるようになってほしい。

 

一度覚えてしまえば、簡単でお金もかからない方法があります。原因がよくわからないまま薬を飲み続け、自分の命を他人に任せるような生き方をしないでほしい。セルフケアは、先人の知恵。伝えていきたいと思っています。


 

★こんなことにも興味を持ってます(^^)/

 

英語  英検1級(かなりサビついてます^_^;)

デザイン 旭川ファッションコンテスト入選 琉球銀行びんがたコンテストデザイン賞

今も、絵をかいたり染物をしたり、自分の服を楽しんで作ってます(^^♪